委員会紹介

褥瘡対策委員会

褥瘡対策委員会では看護師と介護職員が委員となり毎月1回委員会を開催。ベットマットの把握や体位変換表の管理、褥瘡リスクが高い方の把握(ブレーデンスケール)を行ったりしています。また皮膚トラブルや褥瘡ができてしまった方への対応方法を考え、各部署協力のもと利用者様へ対応し治癒を目指しています。
事例①おむつ内失禁による湿潤環境にて鼠蹊部から臀部にかけて皮膚ただれや皮膚剥離があった利用者様に対し、おむつ交換回数を増やし、陰洗や処置を徹底(皮膚科医師による診察も行い軟膏処方)その後徐々に皮膚状態改善。
事例②仙骨部に褥瘡が発生してしまい、なかなか治癒しなかった利用者様に対し、看護師をもとにアセスメント、計画立案をおこない実行。数か月治癒しなかった褥瘡が1か月ほどで治癒。
平成30年5月22日 社内研修にて褥瘡対策委員より研修を行いました。

接遇委員会

委員会活動としては、月一会議で各委員が職員のマナーや利用者様に対する態度など気になることを問題提起し、それについて話し合いをします。個人的ではなく施設全体のこととして考え、改善策を講じています。
二月の社内研修では利用者様に対する挨拶、配茶、言葉づかい、ナースコール、内線・外線などの基本的な対応方法を寸劇仕立てにしました。普段何気なくしている言動が利用者様には不快なこともあります。また虐待防止委員会で行ったアンケートをもとに、不適切な対応や子供に対するような介護はどうか?などの接し方を改めて学んでもらう機会としました。この研修についての後日アンケートでは概ね好印象でした。次回は秋に予定しています。
利用者様がいつでも心地よく過ごしてもらえるよう“思いやりの気持ち”と“行動”をとり、信頼される施設であり続けるために接遇委員会がとても重要であることを自覚し、今後の活動を行っていきたいと思います。

レクリエーション委員会

レクリエーションはマンネリになりがちですので、それを打破するためにレクリエーション委員会を立ち上げました。介護、看護、事務などいろいろな職種の職員がメンバーとなり、意見交換しています。現在、いろいろなレクリエーションを企画中です。職員、利用者様と相談しながら、一緒に楽しんでいただけるよう、努力したいと思います。

平成30年6月の予定「芋掘り」施設で管理している畑にて、利用者様に収穫の喜びを職員ともに、分け合っていただくために、企画しました。

平成30年7月の予定「花火大会」施設駐車場にて、利用者様と職員で夏の思い出となるように、楽しみたいと思います。

コスト削減委員会

施設内で使用している物品(おしりふき、ビニール袋、ペーパータオル、衣類用洗剤)等の月別使用量を集計し、質や価格面の見直しや、現在ご利用者様が使用されているおむつ・パットの毎月の使用量について話し合い、トイレ誘導、おむつ交換の交換時間帯でどの吸収パットを使用するかの見直しを行っています。

安全対策委員会

  • 事故報告書、ヒアリ・ハット報告書の内容についての原因分析、今後の予防対策の検討
  • 施設内の危険個所の確認、修復改善

給食委員会

  • 食事内容、食事形態についての検討

苦情対策委員会

  • 利用者様、ご家族様、外部来客者、近隣の方からの苦情、要望についての改善
  • 職員からの苦情相談についての改善
  • 施設内に設置している意見箱管理

防災委員会

  • 消防避難訓練に関しての計画、取り組み

感染対策委員会

  • インフルエンザ予防対策、ノロウイルス感染予防対策、疥癬予防対策等の取り組み

水分強化委員会

6月から約3か月間利用者様の水分管理をしています。主な活動内容は全利用者様を対象に体重から個々の適正水分摂取量と最低水分摂取量を計算し水分摂取強化を行っています。更にその中でも特に水分摂取量が少ない方にはどのようにしたら水分摂取量が増加するか検討し、嗜好品などを取り入れています。毎日水分摂取量の合計を算出し、水分摂取量が少ない方には翌日の介護や看護に活かすなどの工夫もしています。また、この3か月間はカルピスやかき氷などを提供して少しでも水分摂取量が増加するような工夫をし、脱水や熱中症から利用者様を守り、体調管理をしています。

ホームページ作成委員会

当施設でも、今年度ホームページを立ち上げることとなりました。
パソコンに慣れ親しんでいる世代だとしても、ホームページの立ち上げは、
試行錯誤の連続です。
専門家の方のご指導の下、自分たちらしい情報発信ができればと思っています。

スローガン

  1. 私たちの大切な場所を、職場以外の皆様にも知っていただけるよう、包み隠さず情報発信しよう。
  2. 継続は力なり。こまめな更新、未来の仲間へつながる扉

 

この二つのスローガンを心にとめて、わかりやすく、楽しい、そして見学に行ってみたいと思えるようなホームページにできたらと思っています。
忌憚のないご意見、お待ちしております。

私たちがホームページ運営委員会

通称「ウェルネス編集部」です(*^^)v